顔は肌が薄く敏感なので、無駄毛処理には特に気を使う部位です。

処理方法を間違えると肌のコンディションが悪化します。女性は、眉毛の脱毛が一般的ですが、男性は髭の脱毛を希望する人が圧倒的に多いです。

髭が濃いと剃るのが面倒なばかりでなく、シェービンググリップやカミソリによるかぶれで赤くなったり埋没毛になることがあります。

髭は太く、抜くときにも痛みを伴います。その為、サロンでのレーザー脱毛でも出力を弱めて回数をこなすなどの工夫をしているところもあります。

レーザー脱毛では、一度に脱毛することはできませんが、徐々に毛が細くなり目立たなくなっていきます。

髭を完全になくしたいという場合以外にも、部分的に残す場合や量を減らしたい場合にもレーザー脱毛は有効です。

顔の産毛は、色が薄く目立ちにくいことが多いので、黒い物質にしか反応しない光を使うレーザー脱毛は難しいですが、眉毛には使えます。

レーザー脱毛で使われる光には、肌のキメを整える効果があると言われていますので、脱毛しながら美肌効果もあります。ただ、レーザー脱毛は肌を乾燥させますので、アフターケアとして保湿しましょう。